01 Oct10月のおたより

「小さな命の意味を考える」

 この度、2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興状況の視察で宮城県石巻市を訪れました。大規模な防潮堤の建設等が進められており、今も復興の中途であることを改めて知った。「がんばれ東北!」です。
 視察の目的の一つの、多くの小さな命が大津波により奪われた「石巻市立大川小学校(平成30年3月閉校)」を訪れました。
なぜ?全校在籍児童108名、当日登校児童77~78名のうち、74名の児童が犠牲になったのか。当日校庭にいた教職員11人中10人も犠牲になった。何故なんだろう?
 文部科学省主導の「検証委員会」が設置され、検証を行ったが、遺族の方々が納得できるものではなかったという。
 別途、「小さな命の意味を考える会」が有識者により設置され、勉強会や座談会開催のほか、求めにより現地の案内も行っています。視察当日も案内(説明)をしていただきました。教訓の一つとして、①顔の見える関係をつくる。②子ども達の声に耳を傾ける。③防災の思いをカタチにする。④マニュアルにない判断力が必要。⑤驕りを捨て自然と向き合う。が提案されています。この考える会編集の冊子の表紙に掲載されている詩を紹介します。
 「あなたの大好きな学校の 教室 廊下 校庭 体育館
 風にそよいでた桜の花びら 空に向かってこいだブランコ 絵本と一緒に バスを待っていた図書室
 あの笑顔を忘れない あの歌を忘れない あの思い出を忘れない あの悲しみも忘れない 「行ってきます」
 あの朝の いつもと同じ風景を 忘れない 
 泥だらけの教科書を 洗って干して……」

ひまわり組
 みんなで力を出しきった運動会。7月の終わりから練習を始めた鼓隊やカラーガードも練習の成果を発揮し、大勢の皆様に披露することができました。

IMG_2735

あさがお組
 9月は、運動会に向けての練習に取り組み、外で元気に体を動かしてきました。保育室では、みんなでフルーツバスケットやイスとりゲームなどをして、ゆったり過ごしています。

IMG_1272
 
こすもす組
 運動会練習の合い間に、粘土遊びをしました。「あかちゃんヘビいっぱーい。」「見て、おだんご。」こねこね丸めて好きなものを沢山作りました。動いた後で、座ってじっくり遊ぶのも集中できて、楽しんでいます。

IMG_2514

たんぽぽ組
 「よーいどん!」と、かけっこの練習です。
運動会も笑顔で頑張りました。

IMG_3007

 さくら組
 運動会の練習を見ながら、園庭で遊びました。虫やカエルを見つけると追いかけたり、秋の気持ちいい風に、思わずにっこりしていました。

IMG_2021

つくし組
 天気の良い日に靴を履いて、園の駐車場までお散歩に行きました。広い場所で、自分のペースで歩行を楽しんでいました。

IMG_2753

ぴよぴよ
 保護者向けの製作遊びを行いました。製作中、子どもたちは、いい子にして遊んでいました。
   ★☆★☆★ 10月の行事 ★☆★☆★
     2日(火) ミニ運動会
     5日(金) 親子体操遊び
    10日(水) ベビーマッサージ
    18日(木) ハローウィングッズ作り
    30日(火) 誕生会

DSC09899

31 Aug9月のおたより

  「愛の鞭0作戦パート2」

 猛暑の夏をなんとか乗り切り、朝夕の虫の声に癒されている今日この頃です。皆さんのご家庭では、この夏をどのように過ごされましたでしょうか。愛の鞭をやめて、お子さんを健やかに育まれたのでは?と思っています。
 それでは、「愛の鞭0作戦パート2」と題して、5項目の概要を説明します。
①「子育てに体罰や暴言を使わない」……一見体罰や暴言には効果があるように見えますが、叩くことによって得られた子供の姿は、叩かれた恐怖によるもの。自分で考え行動したものとは違います。「叩かない、怒鳴らない」と親は心に決めましょう。②「子どもが親に恐怖を持つとSOSを伝えられない」……親に恐怖を持った子は、親の顔色を見て行動するようになります。心配事を打ち明けたり、相談できなくなると、いじめや非行等より大きな問題に発展する可能性があります。③「爆発寸前のイライラをクールダウン」……子どもが言うことを聞いてくれない時のイライラは、どの親にもあることです。疲れやストレス等でイライラが爆発してしまうことがあります。親は、クールダウンする方法を用意しておきましょう。④「親自身がSOSを出そう」……育児の負担を一人で抱え込まず、家族で分担しましょう。自治体やNPO等の支援サービスを気軽に利用しましょう。子育ての苦労を相談できる友達を作りましょう。⑤「子どもの気持ちと行動を分けて考え、育ちを応援」……「わがままな子になっては困る」という想いから、親は指示的になってしまう。3歳頃までの「イヤ」は、自我の芽生えの証し。発達に応じた「イヤ」の行動を見極め、成長の後押しをしていきましょう。

ひまわり組
 今年は、暑い日が続き、プールもたくさん楽しみました。泳ぐことにも挑戦し、自信がついたひまわり組の子どもたちです。

IMG_3197

あさがお組
 プールの中をぐるぐる ぐるぐる回って、“流れるプール”をつくりました。スイスイ進むことが楽しく、ザッブ~ンとダイブしたり、走ったり、思い切りプール遊びを楽しみました。

IMG_1249

無題
こすもす組
水しぶきが苦手だった子たちも、少しずつ水に慣れてきました。「先生見て。」と、ワニさん歩きができるようになり、ニッコニコです。

IMG_2409
 
たんぽぽ組
 たくさんプール遊びをした8月。プールの中で、ワニ泳ぎなどで体を動かしたり、プールサイドでは、金魚すくいや氷や泡、片栗粉の感触に触れたりしながら、楽しく遊びました。

IMG_2900

さくら組
 毎日!毎日!暑い日が続き、やっと雨が降り、室内遊びを楽しみました。「ね~ 一緒にご飯たべよ!!」の誘いでままごとを楽しむさくらぐみです。

IMG_2749

つくし組
 音楽に合わせ、思い思いに体を揺らしたり、手をたたいて楽しんでいます。この日はマラカスを手に持ち、リズムよく振って、喜んでいました。

IMG_2722

ぴよぴよ
 鉄棒ぶらさがりやトンネルくぐりをして遊びました。
  ★☆★ 9月の行事 ★☆★
  14日(金) 親子体操遊び   20日(木) 図書館へ行こう   
  26日(水) 保護者向け製作  27日(木) 誕生会

DSC09893