30 Nov12月おたより

「触れ合いの子育て①」

 今年2月に開催された母子健康協会主催のシンポジウムで講演された、東京慈恵会医科大学名誉教授の前川喜平氏の「触れ合いの子育ての実際」の講演内容の抜粋を紹介していきます。
 子どもは、触れ合いにより育つといわれています。お産する前の母親には、子どもを「育てる力」が、おなかの赤ちゃんには「育つ力」が遺伝的に組み込まれていますが、お産しただけではスイッチが入らないようにできています。周囲に支援する人がいるお母さんたちは、お産の後、同調する能力にスイッチが入ります。スイッチが入ると、赤ちゃんが泣くと、抱いたり、おむつを替えたり、母乳を与えたり、いろいろなことをして赤ちゃんを泣き止ませ、赤ちゃんを「快」の快い状態にします。
 その後は、赤ちゃんが出すサインに母親が、母親が出すサインに赤ちゃんが応えます。お互いの生身の触れ合いによって、赤ちゃんは子どもらしく、お母さんはお母さんらしく育っていきます。母子相互作用といいます。
 母子相互作用とお互いの触れ合いによって、赤ちゃんと特定の人の間に愛情の絆が形成されます。これを「愛着」(アタッチメント)の形成といいます。愛着が形成されると、これは子どもの安全基地で、人に対する信頼感を基にして、しつけ(自立性)や自発性(失敗してもくじけず挑戦して自分のものにしていく)などの発達が順調に行われ、自尊感情が芽生え、肯定的な人生を過ごすことができるようになります。
 今後、「スマホ子育て」にも触れた内容を紹介したいと思っています。

ひまわり組
 第39回幼児音楽フェスティバルに参加し、ピアニー合奏を披露してきました。緊張もしていたようですが、自信もついた子どもたちです。発表会の練習にもはりきって取り組んでいました。

IMG_3021

あさがお組
生活発表会の踊りの練習風景です。自分の担当する踊りだけでなく、友だちの踊りも覚え、一緒に踊っていた子どもたちです。生活発表会終了後も楽しんでいきたいと思います。

IMG_1539

こすもす組
 生活発表会のステージ練習をしています。ステージ上の踊りを見ていたら、楽しそうでステージ下でも踊りが始まり出し・・。今ではみんなでかけ声を出しながら、楽しんで踊っています。

IMG_2934

たんぽぽ組
 三方山へお散歩に行って来ました。落ち葉がたくさんあり、みんな大喜び。「せーの!」で、上に投げ、落ち葉のシャワーも楽しみました。

IMG_3655

さくら組
“かんてん粘土”を楽しんでいます。さくら組では、子どもたちが遊びたい時に、自由に出して遊べるように、手の届く所に置いています。おしゃべりが上手になってきて、「へび!」「まるまるできた。」と、言えるようになってきました。片付けも自分でできるようになりました。

IMG_2247

つくし組
 外や遊戯室で遊べない日は、廊下で遊んでいます。アンパンマン号に乗る姿もカッコよくなってきました。つくし組もお友達が増え、にぎやかになりました。

IMG_3108

ぴよぴよ
 食生活推進委員の方と一緒に、調理実習をしました。メニューは、ケークサレと、コーンポタージュです。親子でいただきました。

★☆★☆★ 12月の行事 ★☆★☆★
    5日(水) クリスマス製作
    12日(水) もちつき会
    14日(金) 親子体操遊び
    20日(木) 誕生会
    25日(火) クリスマス会

DSC09995

   

31 Oct11月のおたより

        「心の病気減らしと元気増やし」

 人は、生きている限り、何かしらのストレスを持っています。これは、宿命ともいえ、その人の喜怒哀楽を様々に具現することになります。先般、メンタルヘルスの研修を受講しましたので、その一端を紹介します。
 私たちは日々の生活の中で、様々な感情が沸いています。「悲しい、憂鬱な気分」「疲れやすくだるい」「おっくうで何もする気がしない」「寝つきが悪く朝早く目が覚める」「食欲がない」「人に会いたくなくなる」「心配事が頭から離れず、考えが堂々巡りする」「失敗や悲しみ、絶望から立ち直れない」「自分を責め価値がないと感じる」等など。このような状態では、心が病に侵されてしまいます。心を元気にするためには、どうすればよいのでしょう。
 例えば、「自分のプラス面を見つける」「気楽さを持つ」「決断した結果を良しとする」「物事の多様性を認める」「謝れる、許せるようにする」「ユーモアを持つ」「自分なりのリラクゼーションをする」などがあります。
リラクゼーションの方法の一つを紹介します。「筋弛緩法」です。筋弛緩法とは、力を入れて一気に緩めることで、リラックス状態を得るリラクゼーション法です。効果は、「体の凝りがほぐれる」「不安や緊張が和らぐ」「ストレス病を防ぐ」と言われています。やり方は、「ギュッとしてパッ」です。疲れたところをギュッと力を入れて、パッと緩ませる。緩ませた後、15~20秒位リラックス状態を味わう。実際に試してみると、緊張がほぐれ爽快感が高まり、フレッシュなエネルギーが湧いてきます。自然とパワー(元気)がみなぎってくる感覚を感じてください。心の病気を減らし、元気を増やしましょう。

ひまわり組
 園外保育の日は、残念ながら雨のため、園内でのお弁当となりましたが、それでも子どもたちは、喜んで美味しそうに食べていました。後日、公園に行き、たくさん遊んで満足そうでした。

IMG_2909

あさがお組
 月に一度の英語で遊ぼうの時間を楽しみにしている子どもたちです。ケビン先生のギターに合わせて歌ったり、絵本を読んでもらったりしています。

IMG_1487

こすもす組
  園外保育は、雨コースの改善センターでした。到着早々、「おなかすいたー。」の声。ミニ運動会を楽しんでがら、待望のお弁当タイム!「みて、みて。」と、見せあいっこをしながら、みんな笑顔の大満足で頂きました。お弁当作り、ありがとうございました。

IMG_2626

たんぽぽ組
 自分で作ったお散歩バックを持って、どんぐり拾いに行って来ました。「ママのおみやげにするー!」と、たくさんのどんぐりや松ぼっくりを拾って帰りました。

IMG_3434

さくら組
 あさがお・こすもすぐみが育てたサツマ芋をおいしく焼き芋にしていただきました。「おいしいね~。」と、喜んでました。

IMG_3009

つくし組
 お花紙で葉っぱの製作をしました。ビリビリ手でちぎったり、ふわふわしながら貼りつけたりして楽しみました。

IMG_2921
 
ぴよぴよ
 わしお助産師さんのベビーマッサージを行いました。
     ★☆★☆★ 11月の行事 ★☆★☆★
       5日(月) 保健師さんの育児講座
       9日(金) 親子体操遊び
      13日(火) 14:00~ 離乳食試食会
      27日(火) 誕生会
      29日(火) ベビーヨガ

DSC09930